最終更新:2019/12/10 14:36

プロフィール

プロフィール

このサイトの管理者

三木 克彦

1971年生 てんびん座 B型 長野県民

私くらいの年齢までの人は「カッコいい名前ですね」と言ってくれますが、私よりも上の人達は「そういう歌手いたよね」と言います。名前を聞いた後の相手の反応で、相手の年齢が大体分かります。なお、カッコいい名前だと言われることはありますが、容姿をカッコいいと言ってくれる人はあまりいません。

何をする人?

WEBシステムエンジニア

PHP、JavaScript、HTML、CSS、SQL 等をつかって、WEBシステムを作るのを得意としています。以前はスマフォアプリなども作っていましたが、現在は WEB アプリに特化しています。

昔は出版社に在籍してグラフィックデザインの仕事をしていて高い評価を得るなど良いデザインもしていたのですが、ここ 10年程はプログラミング一筋にどっぷりつかっており、その頃使っていた脳はだいぶ衰えてしまいました。それでも、普通のエンジニアの人よりは遥かに美的センスが優れているので、技術とデザインの両面からアプリケーションを構築できる希少な能力であると自負しています。

プログラミング歴は小学校の頃に始まります。

PHPer

「しゃべる」という色物なギミックを備えた、当時としては画期的なパソコンPC-6001mkIIを買ってもらい、BASIC や Z80 アセンブラを使ってプログラミングをしていました。しかし、当時のパソコンはとても性能が悪く、遅く、不便な上に子供にとって高過ぎたため、中学の頃にやめてしまいました。

それが Windows 95 のおかげで仕事で再びパソコンに触れるようになり、印刷会社で自動組版プログラムの先駆けのようなシステムを作るなどしたことで再びプログラミングする事が多くなり、結果としてまたこの世界に戻ってくることになりました。

『自動組版システム』には縁があるようで、直近の勤務先でも入社早々にXMLを利用した高度な自動組版システムを2ヶ月で制作して評価されていたりします。

そういう紆余曲折を経ているので私は自分のことを単純なプログラマとは思っておらず、ITコンサルタントのような存在であって、コンピュータープログラムを使って物事を円滑に運ぶ道を見つけるのが仕事だと思っています。ですから、延々とひたすらコーディングをしているだけのような仕事は好まず、人と話し合ってどうしたらみんなが幸せに成れるかを見つけ出すような仕事で力を発揮します。

プログラミングを再開したのは目の前にある仕事を楽にする為でしたし、いつでも仕事で楽をする方法がないか考えていて、それはこれからも変わらないでしょう。ずぼらな私にはプログラミング技術は最高に便利でお手軽な道具です。

ちなみに、現在は PHP がメインで大好きですが、本当に好きだったのは、「マルチメディア」という言葉が叫ばれた 2000 年頃に普及していたオーサリングツール Macromedia Director に搭載されていたオブジェクト指向言語である Lingo で、基本的なOOPの作法はこの頃に全部習得しました。

Workshop

趣味でこんなロボットを作りました。時間と経済的に余裕が出来たら3Dプリンタ等を導入して、もっと本格的に続きを制作したいです。😃