設定ファイルの編集方法~ SOCKET SERVER 'HAL'

ソケットサーバー「HAL」をご利用いただくには、HALは勿論、Raspberry Pi 自体の設定ファイルを編集する必要があります。

Linux に不慣れな人は、ただテキストファイルを編集するだけでもどうしたら良いのか分からない事があるかもしれません。

ここでは支障なく設定ファイルが編集できるよう、Linux で広く普及している Vim エディタの使い方を簡単に説明します。

Raspbian の エディタ

Raspberry Pi で設定ファイルなどを編集するには、何らかのエディタを利用する必要があります。Raspbian には nano エディタや tiny-vim エディタがインストールされているので、それを利用できます。

nano エディタはとても操作が簡単ですので、あまり難しいことをしないのであれば、それを利用すると良いでしょう。

一方、Vim エディタは Unix/Linux で古くから使われている定番のエディタです。このサイトの記事は基本的に Vim を使うことを想定して書かれてあるのですが、使い方に少々クセがあるので、簡単なアンチョコがないと知らない人はどうしたらいいのか必ず戸惑うでしょう。

そういうわけですので、このページでは Vim エディタの基本的な使い方をご紹介します。

Vim エディタのインストール

冒頭に書いたとおり、Raspbian に入っているのは tiny-vim という、最小構成でビルドされた Vim です。これではかなり不便ですので、本当の Vimをまずインストールしましょう。インストールはとても簡単、

sudo apt-get install vim

これだけです。

Vim でよく使うコマンド

Vim エディタはとても高機能なので沢山のコマンドがあるのですが、普通の操作ではそのうちのほんの少しを覚えておくだけで十分です。ここでは、最低限これだけ覚えておけば不便がないというコマンドに絞ってご紹介します。操作がわからなくなった時の参考にして下さい。

まず最初に、これは Vim のコマンドではなく Linux のコマンドで、Vim エディタで編集ファイルを開くコマンドです。

sudo vi test.txt

これで、現在のディレクトリ内の test.txt というファイルが開かれます。ファイルが存在しない場合は新規ファイル作成モードで空の文書が開かれます。

vimエディタ初期画面

このサイトでは、上記のように vi(ブイアイ)をつかって説明を行っています。Vi は Vim の元になったエディタで、現在の多くの Linux ディストリビューションでは vi コマンドを使っても実態は Vim が利用されるということのようです。

さて、文書を開いたら文字を入力したり編集したりしますね。Vim で編集を行うには i キーを押すことで入力モードに切り替える必要があります。i キーを押すと、画面左下に -- INSERT -- が表示され、入力モードに入っていることが分かります。これが表示されたらあとは普通に入力を行って下さい。

入力モード

入力モードを抜けるには、Esc キーを押します。

通常モードに戻る

編集が終わったらファイルの保存ですね。ファイルを保存して閉じるには、Shift キーを押しながら z を2回です。

シェルに戻る

編集していた書類が保存して閉じられ、シェルの画面に戻ります。

では、保存しないで閉じるにはどうするかというと、Esc を押して通常モードに戻ってから :q! とタイプして Enter キーです。Vim が強制終了され、編集内容は破棄されます。 :q とタイプして Enter すると保存されていない事を知らせる警告が表示されます。: をタイプするとプロンプトが返るので、本当に保存せずに閉じてよければ :q! をタイプして Enter を押して下さい。

警告メッセージ

あと覚えておきたいのは検索です。Vim エディタでの検索はまず、通常モードで / をタイプします。すると、画面左下にプロンプトが立ちます。

検索

そうしたら、検索したい文字を入力して Enter を押して下さい。検索開始時にカーソルが合った場所以降の一番近い検索文字の先頭にカーソルが立ちます。

検索結果

この状態で n キーを押すと、次の検索結果、次の結果…とカーソルが移動します。また、N(shift を押しながら n)を押すと、前の検索結果、前の検索結果…と、逆方向にカーソルが移動します。

もう一つだけ覚えておくと便利なコマンド

通常モードで、d を 2 回タイプすると、カーソルのある行が削除されます。バックスペースで1文字ずつ消すよりもずっと効率的に削除ができます。

2016/08/12追記

さらにもう一つだけ、重要なコマンドがある事を思い出したので追記します。

Windows 等になれていると、ファイルの変更を保存しようとして Ctrl + S をつい押してしまう事があります。このコマンドは Vim では、ターミナルへの出力をロックするコマンドが割り当てられているそうで、一切の操作ができなくなってしまいます。

そうすると、Raspberry Pi を再起動したり、あるいは ターミナルエミュレーターを強制終了させたりしてしまうのですが、そうすると、隠しファイルとして作成されている swap ファイルのせいで、再編集がなかなかできなくなってしまう事態になります。

ls -la

をしてみると、この swap ファイルが作成されていることが確認でき、このファイルを削除すれば再編集はできますが、こういった方法はあまり得策ではありません。

では、誤って Ctrl + S でロックしてしまった場合はどうするかというと、落ち着いて Ctrl + Q を押しましょう。再びターミナルに結果が出力されるようになるはずです。

Ctrl + S は誰でも1度はつまずくコマンドだと思いますので、是非、Ctrl + Q を覚えておきましょう。

まとめ

Vim の通常利用で、これだけ知っていれば特に困ることはないでしょう。

もし、もっと詳しい情報が必要になったらこちらのリンクサイトを参照すると良いかもしれません。

viコマンド(vimコマンド)一覧(検索・置換)

なお、今作ったテストファイルの test.txt は、ファイルがあるディレクトリで

sudo rm -rf test.txt

で削除できます。上記コマンドでは警告無くバッサリ削除されますので留意してください。


ご購入

もう少々お待ち下さい。

体験版

version 1.5 から、IPアドレス制限が無くなり、ライセンス制になりました。ライセンスされていない場合、起動後30時間後に自動的に HAL を終了します。

体験版のインストーラー・スクリプトをダウンロード インストーラー・スクリプト
SHA-1: dd2a390b4f0f8c15301eaee23cd92bd5e831da91
※インストール方法については ソケットサーバー「HAL」の概要 (version 2.0対応版)~導入方法 を御覧ください。

体験版パッケージ
HAL_trial_2_0.tar.gz | version 2.0 | SHA-1: ce31802a5b423a9b0d73721a3d43e0585b009a6f
試用期限 2017/1/31 まで

この記事へのコメント

※現在コメントはMarkdown記法が強制です。>>Markdown の書き方


この記事に返信

このコメントに返信