コメントのしかた~ Markdownの書き方

現在このサイトでは、コメントを記述する場合にMarkdownが強制されています。Markdownの書き方を簡単に説明しますので参考になさってください。

おススメ!記事
Raspberry Pi 用「HAL」で、
カップラーメン・タイマーを作ってみよう!
ラズパイDIYの決定版! ソケットサーバー「HAL」をご紹介します。

コメントの記述の仕方

 コメントの記述に当たっては、Markdown記法を用いてください。

 Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつで、もとはプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するため、ジョン・グル―バーによって2004年に開発されました。現在では多様なアプリケーションで利用されているため、アプリケーション毎に各種の方言が存在し、Feijoa.jp でもいくつかの拡張がなされています。

記述方法

見出し

  • 見出しはレベルに相当する # を行頭に入力します。 最上位の見出し1はご利用いただけません。
##見出し2

見出し2


###見出し3

見出し3


####見出し4

見出し4


#####見出し5
見出し5

######見出し6
見出し6

文章

  • 連続するテキストは一行に収められます。このテキストは改行せず、一行になります。
連続するテキストは一行に収められます。
このテキストは改行せず、一行になります。

連続するテキストは一行に収められます。このテキストは改行せず、一行になります。


  • 途中で改行したい時は、行末に半角スペースを2つ入力します。
連続するテキストは一行に収められます。
このテキストは改行して、二行になります。

連続するテキストは一行に収められます。
このテキストは改行して、二行になります。


  • 空改行を挿入することで、その前の文章が一つの段落になります。
この文章は前の段落です。
この文章も前の段落です。

この文章は次の段落です。

この文章は前の段落です。この文章も前の段落です。

この文章は次の段落です。


引用

  • 引用は行頭に > と半角スペースを挿入してください。
> この文章は引用です。
>> 複数記述することで、階層構造にすることが出来ます。

この文章は引用です。

複数記述することで、階層構造にすることが出来ます。

コード

  • プログラムコードは2つ以上のバッククオート``で行を囲んでください。
``
for(var i=0; i<a.length; i++){
 if(a[i] === false){
  break;
 }
}
``
for(var i=0; i<a.length; i++){
if(a[i] === false){
break;
}
}

  • 表は以下のような書式です。
  • - の数は1つ以上であればいくつでも構いません。
  • ||はヘッダー領域です。
+--+--+--+--+
||商品||数量||単価||合計||
|ビール|3|350|1050|
|発泡酒|5|150| 750|
|ワイン|1|780|780|
+--+--+--+--+
商品数量単価合計
ビール33501050
発泡酒5150 750
ワイン1780780

リスト

  • リストは行頭に * + - のいずれかを挿入します。
  • 行頭に半角スペースを入力することで階層化されます。
  • リストのマークは、階層により変わります。
* リスト1
* リスト2
* リスト3
+ テスト1
+ テスト2
- 階層3A
- 階層3B
* リスト4

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
    • テスト1
    • テスト2
      • 階層3A
      • 階層3B
  • リスト4

  • 順番リストは、半角数字の後に半角ピリオドを入力します。
1.テスト1
2.テスト2
3.テスト3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3

  • 入力された数字は無視され、1から順に番号が振られます。
5.テスト1
7.テスト2
13.テスト3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3

罫線

  • 以下の様に * - _ を記述すると罫線になります。
***
* * *
*****
- - -

------------------------
_ _ _
___








修飾

  • * または _ で囲まれた文字は斜体になります。※斜体の存在しないフォントもあります。

信号は*グリーン*だった。 駅まで_自転車_に乗って行った。

信号はグリーンだった。駅まで自転車に乗って行った。

  • ** または __ で囲まれた文字は強調されます。

信号は**グリーン**だった。 駅まで__自転車__に乗って行った。

信号はグリーンだった。駅まで自転車に乗って行った。

  • ~~ ~~ で囲まれた文字は打消しされます。
信号は~~赤色~~青色だった。

信号は赤色青色だった。

  • 文字列を{ } で囲み、その後に ( ) で色指定をすると、文字に色を付けることができます。
信号は{青色}(blue)だった。
この色が{マゼンタ}(#ff00ff)です。
信号は*{赤}(red)* *{緑}(green)* *{黄}(yellow)*の三色です。

信号は青色だった。
この色がマゼンタです。
信号は の三色です。

リンク

  • リンクは、[ ]でリンクテクキスト、( )でurlを囲みます。
このリンクは [グーグル](http://www.google.co.jp/) に飛びます。

このリンクは グーグル に飛びます。

  • アンカーは @ @ で囲み、リンクアドレスは @ で始め、アンカーを記述してください。
@anchor1@
[アンカーへジャンプ](@anchor1) します。
[このドキュメントの先頭へジャンプ](@top)します。

アンカーへジャンプ します。

このドキュメントの先頭へジャンプします。

画像

  • 画像は ![タイトル](url)の書式です。
![葛飾北斎の作品『凱風快晴』](/getFile/?place=doc&size=large&filename=documents/readme/Red_Fuji_southern_wind_clear_morning.jpg)

葛飾北斎の作品『凱風快晴』

お問い合せ

この記事へのコメント

※現在コメントはMarkdown記法が強制です。>>Markdown の書き方


この記事に返信

このコメントに返信