リモートリポジトリの利用~  365日の紙PHP(13日目)

近代的なPHP開発を行うために

おススメ!記事
Raspberry Pi 用「HAL」で、
カップラーメン・タイマーを作ってみよう!
ラズパイDIYの決定版! ソケットサーバー「HAL」をご紹介します。

さて、今日はリモートリポジトリをつくります。ご自宅に別のパソコンがあればそこにリポジトリを作っても良いですが、インターネットに公開していないのであれば外出先からそのリポジトリにアクセスできず少し不便です。

今日は初心者にも簡単に扱えるWEBサービス「Bitbucket」を利用してリモートリポジトリを作ってみましょう。

Bitbucket はフリーのホスティングサービスです。Git の他、Mercurial という別の分散バージョン管理システムのリポジトリを作成できます。

Bitbucket

Bitbucket

5ユーザーまでの利用は無料となっています。同じようなサービスで有名なものに「Github」というものがありますが、こちらは無料プランでは非公開リポジトリを作ることができません。いくらでも見られても構わないのであれば Github を利用するのも良いですが、ひっそりと勉強したいのであれば無料で非公開リポジトリの作れる Bitbucket が良いようです。

Bitbucketのプラン

では、リポジトリを作成していきましょう。Small teams 無料 の Try this plan をクリックして下さい。アカウント用の E-mail アドレスが求められます。

アカウントの作成

E-mail アドレスを入力すると、アカウントの詳細を入力する欄が表示されます。お名前と強固なパスワードを入力して下さい。強固すぎて忘れてしまわないように、メモをとって他人に見られないところに保管しておきましょう。

アカウントの作成2

名前とパスワードを入力して Continue をクリックすると、確認用の E-mail が送信されます。

アカウントの作成3

E-mail を確認しましょう。Verify my email address で確認です。なお、下図のとおりスマフォのアドレスでも大丈夫のようです。

アカウントの作成4

E-mail アドレスの確認が終わりました。あとは Bitbucket で利用するアカウント名を入力して続行して下さい。

アカウントの作成5

このように、Dashboard ダッシュボードが開けばアカウントの作成は終了です。もしスマフォで登録された方は、画面右上の人のアイコンからログアウトを選ぶことで、パソコンから再ログインできます。

ダッシュボード

では、リポジトリを作成してみましょう。ダッシュボードの「リポジトリの作成」をクリックして下さい。新規リポジトリの作成画面が開きます。

リモートリポジトリの作成

Repository name リポジトリ名は「firstLogin」にしましょうか。非公開リポジトリを作るには、アクセスレベル「これは非公開リポジトリです」にチェックが入っているか確認してください。入力したらリポジトリの作成をクリックしてください。

リモートリポジトリ作成2

空のリポジトリがセットアップされました。

リモートリポジトリ作成3

ソースコードをプッシュする

さて、リポジトリができたらローカルにあるソースコードをリモートリポジトリにプッシュしてみましょう。

「Command line」 の 「I have existing project」をクリックすると情報がプルダウンされます。赤線 https:// で始まるURLをコピーしてください。

プロジェクトのプッシュ

次は NetBeans のプロジェクトを右クリックし、「Git」>「リモート」>「プッシュ」を選びます。

プロジェクトのプッシュ2

「Git リポジトリの場所を指定」でリポジトリURL に先ほどのURLを指定し、ユーザーとパスワードを入力してください。

プロジェクトのプッシュ3

次へをクリックすると、ローカルの分岐選択になります。master -> master[A] を選択して次に進んでください。

プロジェクトのプッシュ4

次は、ローカル参照を更新します。ここはそのまま終了をクリックしましょう。

プロジェクトのプッシュ5

ローカルのソースコードがリモートリポジトリにプッシュされます。プッシュが終わると、確認画面が出ます。「はい」をクリックしてウィンドウを閉じましょう。

プロジェクトのプッシュ6

さて、ではリモートリポジトリの状況を確認してみましょう。ブラウザで Bitbucket を開きます。画面上の「リポジトリ」から「最近更新したリポジトリ」を開いてみましょう。

最近のプッシュ

赤枠に、プッシュされたローカルリポジトリでのコミットが表示されています。

コミット履歴

コミット内容を確認してみましょう。どのコミットでどのような変更が加えられたかの差分が一目でわかるようになっています。

差分表示

まとめ

このようにリモートリポジトリにソースコードの修正状況をプッシュしておくことで、過去のある時点を指定してソースコードを取り出すことができるようになります。

明日は今日プッシュしたソースコードを今度はローカルにクローン(複製)してみます。クローンを使うと別のパソコンでもソースコードの修正ができるようになりますね。

その場合、元のパソコンと新しいパソコンで同じソースコードを修正してしまう場合があります。この時 Git は出来るだけ自動でソースコードの整合性を保つように補完してくれますが、全く同じ場所に別の修正がされた場合はコンフリクト(衝突)が起こります。こうしたコンフリクトが起きた場合にはどうすれば良いかについても簡単に解説していこうと思います。

お疲れ様でした。

この記事へのコメント

※現在コメントはMarkdown記法が強制です。>>Markdown の書き方


この記事に返信

このコメントに返信